日本酒学を語る 前編

MIN スペシャル!
【日本酒学を語る 前編】

古舘伊知郎、岸保行、齋藤俊太郎、金桶光起

「日本酒学 SAKEOLOGY」
日本酒に対象を絞った世界初の学問領域であり、新潟県、新潟県酒造組合、新潟大学が連携協定を締結し、科学的な幅広い分野を網羅する学問分野「日本酒学」を構築することで、日本酒の国際的な拠点の形成とその発展に寄与することを目指しています。
具体的に「日本酒学」ではどういった取組みがされているのか。
「日本酒学」に係る新潟の”キーマン”3人を迎え、古舘伊知郎氏がその秘密を解明していきます。
ぜひお楽しみください。

【出演者】

岸保行(新潟大学/日本酒学センター)
https://sake.niigata-u.ac.jp/what/

齋藤俊太郎(麒麟山酒造株式会社)
https://kirinzan.co.jp/

金桶光起(新潟県醸造試験場)
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/jo…

◆チャンネル登録はこちら

酒器とお酒 vol.3

【酒器とお酒Vol.3】
遠藤俊(丸三安田瓦工業株式会社)

丸三安田瓦工業株式会社が誇る、酒器をはじめとした食器ブランド「TSUKI(つき)」シリーズ。
そのルーツは、長く私たちの生活にとって欠かせない”ある意外なモノ”でした。
遠藤さんの商品づくりをきっかけにした、生活者が安心して暮らすための想いとはいったい?
さらに、「酒器とお酒」シリーズでは酒器開発者のみなさんに、とっておきの新潟清酒1種類をご紹介いただきます。
果たして、遠藤さんが選んだ1本とは?

【出演者】

遠藤俊(丸三安田瓦工業株式会社)
吉澤優子(新潟県産業労働部)
https://www.pref.niigata.lg.jp/site/ponshubiyori/

◆チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCzt4-1yJf_Dg6gUxEYq1E5w

酒器とお酒 vol.2

【酒器とお酒 Vol.2】
小杉和也(小杉漆器店)

 

創業は江戸時代。現在では国の伝統的工芸品に指定され、14代にわたって「村上木彫堆朱」を販売しているのが小杉漆器店。 象徴的な「朱」が美しい村上木彫堆朱の酒器には、造形美だけでなく新潟清酒の”様々な表情”を引き出す秘密が隠されていました。

さらに、「酒器とお酒」シリーズでは酒器開発者のみなさんに、とっておきの新潟清酒1種類をご紹介いただきます。 新潟県はもとより、地元である新潟県村上市にも、日本を代表的な酒蔵がいくつもあります。

果たして、小杉さんが選ぶ1本とは?

 

【出演者】

小杉和也(小杉漆器店)
 https://tuishu.jp/

長谷川裕紀(株式会社ネルニード)
https://www.nelnido-web.com/

 

◆チャンネル登録はこちら

https://www.youtube.com/channel/UCzt4-1yJf_Dg6gUxEYq1E5w

酒器とお酒 Vol.1

【酒器とお酒 Vol.1】

山後春信(株式会社新越ワークス)

 

アウトドアブランド”ユニフレーム”で人気の、新潟県燕市にある株式会社新越ワークス。

アウトドアとは別なアプローチから、新潟の”酒文化”を創造するための革新的な酒器を開発。

その驚きの秘密とは? さらに、「酒器とお酒」シリーズでは酒器開発者のみなさんに、とっておきの新潟清酒1種類をご紹介いただきます。

新潟県は、日本で最大の約90の蔵が酒づくりに取り組む、酒どころ。

果たして、山後さんが選ぶ1本とは?

 

【出演者】

山後春信(株式会社新越ワークス)
http://www.shin-works.co.jp/

長野美鳳(FOOD FARM & DESIGN nagano)

 

◆チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCzt4-1yJf_Dg6gUxEYq1E5w

日本酒文化を発信する酒器

日本酒文化をあらわす酒器とは、日本酒を楽しむとは何か。

銅の熱伝導を利用した、新潟県燕市産酒器「まどろむ酒器」の開発者である、山後春信さん(株式会社新越ワークス)と、長野美鳳さん(FOOD FARM & DESIGN nagano)の対談が行なわれました。

対談動画と合わせてお届けします。

燕の酒器、新潟清酒のこれから


長野 

燕の酒器と、新潟の日本酒がこれからどんな風に広がっていくといいと思いますか?

 

山後 

僕らが考えているのは、酒は酒だけとか、酒器は酒器だけじゃつまんない。

 

長野 

はい。

 

山後 

日本中の酒蔵さんが、海外にお酒を売ろうとしても、なかなか上手くいかない。

 

長野 

うんうん。

 

山後

それにくっついている僕らの酒器も、当然その後ではあんまり売れない。

 

長野 

はい。

 

山後 

今、たくさんの仲間たちと色んなことを考えていて、これからは日本酒の文化、日本の酒文化を売っていきたいよねという話をしている。

 

日本の清酒文化を海外へ


長野 

モノではなくて、文化として売っていくっていうことですよね。

 

山後 

そう。例えばこの酒器も、日本にたくさんの酒器があるじゃない。陶器だったり、金属だったり、磁器だったり。これ(たくさんの種類の酒器)は日本にしかない。

 

長野 

日本酒の酒器が?

 

山後 

そう。たくさんの種類の酒器があるっていうのは、日本にしかなくて。これは何でだろうって考えると、日本のお酒の文化って、お酌の文化なの。

 

長野 

あー、そうですね。注いでいるイメージがありますね。

 

山後 

お酌をするっていう所作は、日本にしかない。例えばアメリカに行ったら、ビールは小瓶で(そのまま)自分で飲むでしょ。ヨーロッパに行ってワインを頼むと、ソムリエさんが注いで、ワインの入ったグラスを渡されるじゃない。逆に日本人がヨーロッパに行って、ワインをお酌するとすごく叱られたりする。

 

長野 

そうなんですか(笑)

山後 

なので、日本酒と酒器を繋ぐ、“お酌”という所作が日本酒文化なので、これをしっかりと研究をして、パッケージ(化)にして色んな国に伝えていきたいねという話をしている。

 

長野 

なるほど、たしかにお酌っていうと、ただお酌をする所作もあるし、コミュニケーションというイメージもかなりありますもんね。

 

山後 

そう。これ(まどろむ酒器)も、お酌をされて初めて(驚きが)わかるじゃない。お酌をされている方に、驚きがあるでしょ。

長野 

あ、ほんとですね。

 

山後 

お酌をされている方に、驚きがあるでしょ。

 

長野 

はい!それっておもてなしの心とも言えますよね。

 

山後 

そうとも言えるかもしれない。そういうところが面白いんだろうと思って。だから、日本酒と酒器をいっしょにして、日本酒文化っていうのを作り上げたいなという風に思っています。

 

長野 

なるほど、わかりました。ありがとうございます。